ようこそ!にもどる
タイトル一覧1:1号〜135号(1991・5〜2002・12)へ。タイトル一覧2:136号〜232号(2003・1〜2010・12)へ。タイトル一覧3:233号〜319号(2010・1〜2018・4)へ

 てんとう情報 総もくじ  すべての記事にリンクしています。   記事内容検索はこちら
記事番号 タイトル 発行年月
n00706 2017年度のゴルフ場使用農薬の水質調査結果〜水産指針を超えは3件 18-10
n00705 国産野菜等の残留違反事例〜漢方生薬にも 18-10
n00704 シックハウス検討会の規制値変更案〜パブコメは可塑剤ら既存3物質を対象 18-10
n00703 2017年度の無人航空機空中散布〜防除面積は前年から減少し104.4万ha 18-10
n00702 改定農薬取締法関連の政令・省令についてのパブコメ募集の動き (その2)省令関係〜農薬使用者の遵守省令強化などを提案 18-10
n00701 改定農薬取締法関連の政令・省令についてのパブコメ募集の動き(その1)政令では、施行日と水質汚濁性農薬の変更を提案 18-10
n00605 本の紹介『香りブームに異議あり』(緑風出版) フリーライター 鶴田由紀 18-09
n00604 厚労省の輸入食品監視調査結果2017年11月〜18年4月の残留農薬基準違反
 囲み記事:伊藤忠輸入のオーストラリア産大麦に残留していたアゾキシストロビン
18-09
n00603 松くい虫空中散布反対運動:鹿児島市で約420haの散布中止 18-09
n00602 ネオニコチノイド農薬による水系汚染〜環境化学討論会より (3)川崎市と大阪府の河川 18-09
n00601 2018年度の有人ヘリコプターによる農薬空中散布計画〜水田は前年減の約3万1700ha、松枯れは前年増の約1万4300ha 18-09
n00504 自著紹介:「地球を脅かす化学物質―発達障害やアレルギー急増の原因」(海鳴社)木村―黒田純子 18-08
n00503 松くい虫空中散布反対運動〜2018年長野県の場合(その2) 18-08
n00502 ネオニコチノイド農薬による水系汚染〜環境化学討論会より (2)東京都と神奈川県の河川 18-08
n00501 ドローンによる農薬空中散布拡大の問題点〜利活用拡大に向けた検討会設置 18-08
n00404 松くい虫空中散布反対運動〜2018年長野県の場合(その1) 18-07
n00403 エス・ディー・エス バイオテック横浜工場の農薬TPNプラント爆発火災、死亡事故
 囲み記事:TPN
18-07
n00402 ネオニコチノイド農薬による水系汚染〜環境化学討論会より(その1)埼玉県の河川 18-07
n00401 2017年度の農薬によるミツバチ被害は33件〜農水省の対策ではなくせない 18-07
n00305 新生児の尿にネオニコチノイド検出〜環境化学討論会で報告 18-06
n00304 農薬種類別出荷量の推移〜2016年度も相変わらず有機リン剤がワーストワン 18-06
n00303 国交省「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」改定へ〜農薬散布は目視外飛行・補助員無しにしてはならない 18-06
n00302 2017年の農薬散布の無人航空機の事故件数は前年3件増の65件、うち、ドローン型2件 18-06
n00301 改定農薬取締法が成立〜農薬使用者の安全性はいままで以上に確保されるか 18-06
n00204 農薬散布車による死亡事故がつづく 18-05
n00203 農水省が2015、16年度の国産農作物の残留農薬調査結果 18-05
n00202 長野県松枯れ防除空散は「松くい虫防除の実施に関する運用基準」に反して策定 (植村振作) 18-04
n00201 改定農薬取締法の国会審議〜衆議院農林水産委では原案可決 18-05
n00105 秋田県大潟村村議会が、コメの農産物検査法などの見直し請願を可決 18-04
n00104 東京都健康安全研究センターの2015年度農作物残留農薬調査報告(4)輸入農作物(その3)熱帯果樹類、ほか 18-04
n00103 農水省が2015、16年度の国産農作物の農薬使用状況を、調査数を削減して公表 18-04
n00102 5月より無人航空機の技術指導指針改訂〜自動操縦機種も対象に 18-04
n00101 2018年度農薬危害防止運動〜住宅地通知遵守を強化したが 18-04

タイトル一覧1:1号〜135号(1991・5〜2002・12)へ。タイトル一覧2:136号〜232号(2003・1〜2010・12)へ。タイトル一覧3:233号〜319号(2010・1〜2018・4)へ

作成:2018-09-29