ようこそ!反農薬東京グループのホームページへ

★農薬・ダイオキシン・環境ホルモン等を生活者の視点からとらえた情報誌★

「てんとう虫情報」&「てんとう情報」

反農薬♪替え歌の頁  新聞報道などの頁  行政からの通知・報告などの頁 へ リンクします
 最近3号のもくじ総もくじ。掲載記事の内容別もくじは下記へ
農薬の毒性・健康被害 農薬環境汚染 農薬空中散布・松枯れ
街の農薬汚染・住宅地通知 農薬室内汚染・シロアリ駆除剤 残留農薬・食品汚染
農薬行政・業界の動き 「生活環境で使用殺虫剤等の規制に関する法律」
改定農薬取締法 ネオニコチノイド・斑点米 クロルピクリン
環境ホルモン ダイオキシン その他

「住宅地等における農薬使用について」の遵守を!(通知本文へ )

身の回りで、何の周知もなく農薬が散布されていませんか

 グリホサート(ラウンドアップほか)などの除草剤も農薬です


住宅地通知違反通報メールは、こちらから


反農薬東京グループの連絡先:メールフォーム又はメアド

表紙 メニュー・サイトマップ 農薬別毒性解説 農薬ノーの権利宣言 反農薬東京グループの紹介 プルダウンメニュー
2020-12-30更新

★★★ 今月のトピックス ★★★

今号は、さながら食品中の残留農薬特集のようになり、残留に関する記事が3件あります。
 @福岡市の収去検査で、JAくるめが出荷した春菊に基準の180倍の有機リン剤イソキサチオン9ppmが検出され、20gを食べると健康被害がでるとして、注意喚起と回収がを行われました(巻頭記事)。

 A記事n03302では、厚労省が実施している輸入食品の残留農薬違反調査(2020年5月-10月の半年)の結果を示しました。延べ69件(実検体数62)の基準違反(25品目の食品で、26種の農薬)が明らかになり、ワーストワンの食品はカカオ豆、ついで、タマネギ、エゴマ、ブロッコリー、マンゴーなどが続きました。カカオ豆9件はいずれも2,4-Dが、タマネギは中国産でチアメトキサムが検出されています。違反品のうち44件は積み戻しや廃棄処分になりましたが、販売・消費されたものもありました。

 B記事n03303では、奥野修司さん著『本当は危ない国産食品―「食」が「病」を引き起こす―』を紹介しました。ネオニコチノイドやグリホサートの食品からの摂取が解説されています。

12月中旬に、横浜市営地下鉄センター北駅の広場の芝生のまだらな枯れが問題になりましたが、維持管理作業で11月27日に散布した肥料の濃度障害が原因とされました、果たして、農薬は無関係なのでしょうか(記事n03304)。

なお、未だ収まらないと鳥インフルエンザ被害については、行政等からの情報の頁に高病原性鳥インフルエンザ関連情報として一覧表を掲載しています。

                           次回更新予定1月30日頃
★★★ 出版物紹介 ★★★     出版・資料案内

香害問題をなくす連絡会:ブックレット「<ストップ!香害〜余計な香りはもういらない>」
ー2020年11月刊行ー チラシと申込書はこちら
パンフ「知っていますか? 斑点米と農薬とミツバチ大量死
 2015年6月20日刊行、無料ダウンロードはこちらから

ホームページにあるオリジナル記事の著作権は、すべて、反農薬東京グループにあります。ダウンロードは自由ですが、転載・印刷配布を希望される方は、当グループに連絡して許可を受けて下さい(index.htmへのリンクは、フリーです)。