ようこそ!反農薬東京グループのホームページへ

★農薬・ダイオキシン・環境ホルモン等を生活者の視点からとらえた情報誌★

「てんとう虫情報」から「てんとう情報」へ

反農薬♪替え歌の頁  新聞報道などの頁  行政からの通知・報告などの頁 へ リンクします
 最近3号のもくじ総もくじ。掲載記事の内容別もくじは下記へ
農薬の毒性・健康被害 農薬環境汚染 農薬空中散布・松枯れ
街の農薬汚染・住宅地通知 農薬室内汚染・シロアリ駆除剤 残留農薬・食品汚染
農薬行政・業界の動き 「生活環境で使用殺虫剤等の規制に関する法律」
改定農薬取締法 ネオニコチノイド・斑点米 クロルピクリン
環境ホルモン ダイオキシン その他

「住宅地等における農薬使用について」の遵守を!(通知本文へ )

身の回りで、何の周知もなく農薬が散布されていませんか

住宅地通知違反通報メールは、こちらから


反農薬東京グループの連絡先:メールフォーム又はメアド

表紙 メニュー・サイトマップ 農薬別毒性解説 農薬ノーの権利宣言 反農薬東京グループの紹介 プルダウンメニュー
2018-12-10更新

★★★ 今月のトピックス ★★★

今月は、11月末に農薬取締法改定に関する政令・省令のパブコメ結果と、改定条文がでました。当グループが提出した意見に対する農水省の回答や新省令についてのコメントは記事n00805をごらんください。特に、[農薬を使用する者が遵守すべき基準を定める省令の改定には、驚きました、農水省の提案が、そのまま通らなかったのです。
 無人航空機空中散布で、新型ドローンを目視なし、補助員なしとしようとした内閣府規制改革推進会議のお気にめさなかったのです。新型ドローンの農薬空散では、農林水産航空協会はお役御免となり、新組織が代行申請し、いまままでの、農水省「技術指導指針」も適用しないとの方針のようです(巻頭記事参照)。
 わたしたちは、散布農薬のドリフト被害防止を第一に考え、高濃度散布を減らし、散布禁止の緩衝地帯の設置をもとめたいと思います。

生活環境動植物基準の第一次取りまとめ案についてのパブコメ意見募集は12月15日までです。みなさまも、ぜひ、意見を投稿してください。身の回りのこれこれの動植物が減っているということでもよいと思います。(記事n00805をご参考に)

福岡県と沖縄県でおこった除草剤散布による農作物への影響や芝枯れは、農薬危害防止運動や住宅地通知で、指導すべき行政担当部署の劣化を思わせます。JR九州の線路での夜半除草剤散布浦添市の運動公園ほかでの除草剤散布は、いずれも、周辺に周知することなく、行われていました。

グリーンピース・ジャパンほかが、11月30日、米の着色粒基準の見直しを求める署名をスタートさせました。農水省 政策統括官宛て、署名サイト「より安全なお米まであと一歩!」は、こちらです。

食品安全委員会によるクロルピクリンの農薬評価書案へのパブコメ意見募集は終わりましたが、記事n00804のうようなに意見を投稿しました。                        次回更新予定12月31日頃
★★★ 出版物紹介 ★★★     出版・資料案内

パンフ「知っていますか? 斑点米と農薬とミツバチ大量死
 15年6月20日刊行、無料ダウンロードはこちらから

ホームページにあるオリジナル記事の著作権は、すべて、反農薬東京グループにあります。ダウンロードは自由ですが、転載・印刷配布を希望される方は、当グループに連絡して許可を受けて下さい(index.htmへのリンクは、フリーです)。