ようこそ!反農薬東京グループのホームページへ

★農薬・ダイオキシン・環境ホルモン等を生活者の視点からとらえた情報誌★

「てんとう虫情報」&「てんとう情報」

反農薬♪替え歌の頁  新聞報道などの頁  行政からの通知・報告などの頁 へ リンクします
 最近3号のもくじ総もくじ。掲載記事の内容別もくじは下記へ
農薬の毒性・健康被害 農薬環境汚染 農薬空中散布・松枯れ
街の農薬汚染・住宅地通知 農薬室内汚染・シロアリ駆除剤 残留農薬・食品汚染
農薬行政・業界の動き 「生活環境で使用殺虫剤等の規制に関する法律」
改定農薬取締法 ネオニコチノイド・斑点米 クロルピクリン
環境ホルモン ダイオキシン その他

「住宅地等における農薬使用について」の遵守を!(通知本文へ )

身の回りで、何の周知もなく農薬が散布されていませんか

 グリホサート(ラウンドアップほか)などの除草剤も農薬です


住宅地通知違反通報メールは、こちらから


反農薬東京グループの連絡先:メールフォーム又はメアド

表紙 メニュー・サイトマップ 農薬別毒性解説 農薬ノーの権利宣言 反農薬東京グループの紹介 プルダウンメニュー
2020-01-30更新

★★★ 今月のトピックス ★★★
厚労省が発表した2018年度の家庭用品吸入事故報告によると、発生件数は前年より4減の1294件でした。そのうち、殺虫剤や農薬関係は350件です。事例など詳細は巻頭記事をごらんください。

柔軟剤などによる香害問題について、日本消費者連盟ら7団体で、東京都に実態調査を要望しましたが、自ら調査もせず、現場からの報告をまって、今後研究していくとの回答で、公共施設での注意喚起「香料自粛のお願い」表示もしてくれません。
 そこで、日消連らとともに、香害被害のアンケート拡散のお願いをしています。締切は3月31日です。インターネットでも回答( こちら)ができますのでよろしく(記事n02202)。

クロルピクリン被害防止・住宅地通知の実施についての広島県への要望 第四弾です。今回の要望は、細かな内容が多く、記事n02204は、長くなりましたが、前号の都道府県での条例等を制定提案の内容ともつながるので、各地の運動に役立ててください。

東京都健康安全研究センターによる2017年度び輸入野菜・穀類・豆類の残留農薬調結果では、39種198検体の作物が調査され、22種85検体から、45種の農薬が検出されました(検出率43%)。1検体で2農薬以上検出された複合残留は、全検出検体の58%で、韓国産パプリカには、4〜8種の農薬が見つかった検体が8ありました(記事n02203)。

                             次回更新予定2月29日頃
★★★ 出版物紹介 ★★★     出版・資料案内

パンフ「知っていますか? 斑点米と農薬とミツバチ大量死
 15年6月20日刊行、無料ダウンロードはこちらから

ホームページにあるオリジナル記事の著作権は、すべて、反農薬東京グループにあります。ダウンロードは自由ですが、転載・印刷配布を希望される方は、当グループに連絡して許可を受けて下さい(index.htmへのリンクは、フリーです)。