ようこそ!反農薬東京グループのホームページへ

★農薬・ダイオキシン・環境ホルモン等を生活者の視点からとらえた情報誌★

「てんとう虫情報」&「てんとう情報」

反農薬♪替え歌の頁  新聞報道などの頁  行政からの通知・報告などの頁 へ リンクします
 最近3号のもくじ総もくじ。掲載記事の内容別もくじは下記へ
農薬の毒性・健康被害 農薬環境汚染 農薬空中散布・松枯れ
街の農薬汚染・住宅地通知 農薬室内汚染・シロアリ駆除剤 残留農薬・食品汚染
農薬行政・業界の動き 「生活環境で使用殺虫剤等の規制に関する法律」
改定農薬取締法 ネオニコチノイド・斑点米 クロルピクリン
環境ホルモン ダイオキシン その他

「住宅地等における農薬使用について」の遵守を!(通知本文へ )

身の回りで、何の周知もなく農薬が散布されていませんか

住宅地通知違反通報メールは、こちらから


反農薬東京グループの連絡先:メールフォーム又はメアド

表紙 メニュー・サイトマップ 農薬別毒性解説 農薬ノーの権利宣言 反農薬東京グループの紹介 プルダウンメニュー
2019-06-30更新

★★★ 今月のトピックス ★★★
農水省は、ドローンでの農薬空中散布について、7月1日から施行するとして、新ガイドラインのパブコメを実施しましたが、7月になってもまだ、ガイドラインは発出されません。担当に聞くと国土交通省と調整中だとのこと、それまでは、いままでの農水省の技術指導指針で指導するというのです。わたしたちは、パブコメ意見でガイドラインの実施を来年度にするよう求めましたが、なんで、こんなに急ぐかというと、どうも内閣府の意向らしい。アベ内閣の前のめり施策が空中散布にもあらわれているのでしょうか。航空法の罰則強化にもふれた巻頭記事をどうぞ。

農薬危害防止運動がはじまっていますが、今回はJRの鉄道除草剤と無人航空機による除草剤散布をとりあげました(記事n01505)。

2016年の報告−林野庁が1971年に土中埋設したダイオキシンを含む除草剤2,4,5−T−のその後を調べました。記事n01503にあるように、国会、地方自治体の議員だけでなく、地元のブロッガーの情報には、頭がさがります。

残留農薬関連の記事は、厚労省の輸入食品の残留基準違反と農水省の農薬使用状況の調査です。前者では、フィリピン産バナナのフィプロニル違反が気になりますが、もうひとつ、住友商事系のバナナ園のフィリピン労働者が、6月、過酷な労働条件を抗議に日本を訪れました。住友商事は門前払いし、フィリピンでバナナを生産するスミフル・シンガポールの保有株式を全て合弁相手に売却すると発表しました。労働争議mも別会社に移行するというわけです(ちきゅう座記事(6/19)住友商事プレスリリース(6/18参照)

                       次回更新予定7月30日頃
★★★ 出版物紹介 ★★★     出版・資料案内

パンフ「知っていますか? 斑点米と農薬とミツバチ大量死
 15年6月20日刊行、無料ダウンロードはこちらから

ホームページにあるオリジナル記事の著作権は、すべて、反農薬東京グループにあります。ダウンロードは自由ですが、転載・印刷配布を希望される方は、当グループに連絡して許可を受けて下さい(index.htmへのリンクは、フリーです)。