3:出版・催し案内

ようこそ!にもどる
3-1:集会案内 3-2:出版・資料案内
3-1:集会案内

2018・7・7 日弁連主催:

シンポジウム 「今、農薬問題を考える」

−良好な環境の中で、安全に生活したいと考える全ての方へ−
  日弁連は、2017年12月21日付でネオニコチノイド系農薬の使用禁止に関する意見書を
    公表し、ネオニコチノイド系農薬の危険性を訴え、その使用禁止を求めました。 
  しかしながら、農薬の危険性に関する情報は社会に周知されておらず、自然や人体
  に対してどのような影響があるのか、科学的に十分解明されているわけでもありま
  せん。                                  
  そこで、農薬に関する最新の知見や研究結果を踏まえ、私たちがどのように農薬と
  向き合い付き合っていくべきかを考えるために、このシンポジウムを開催いたしま
  す。ぜひ、ご参加ください。                        
 日 時 2018年7月7日(土)13時〜16時
 場 所 弁護士会館2階 講堂「クレオ」A (千代田区千代田区霞が関1−1−3 アクセスはこちら
 参 加  無料。事前申込不要(定員:180名)。どなたでもご参加いただけます
  12時30分開場予定。
 主 催  日本弁護士連合会 
連絡・問合せ先日本弁護士連合会 人権部人権第二課
    TEL:03-3580-9512  FAX:03-3580-2896

  ◆基調講演「ネオニコチノイド系農薬の子どもの脳発達への影響」
    木村−黒田 純子 氏
    (医学博士、環境脳神経科学情報センター、元東京都医学総合研究所研究員)

  ◆報告「日弁連意見書について」
    弁護士 大倉 英士(日弁連公害対策・環境保全委員会委員)

  ◆報告「斑点米問題について」
    今野 茂樹 氏 (秋田県大潟村のコメ農家)

  ◆パネルディスカッション「農薬の必要性と危険性」
    パネリスト:木村−黒田純子 氏
          田口 操 氏(長野県上田市・一般社団法人こどもの園園長)
          今野 茂樹 氏
          弁護士(日弁連公害対策・環境保全委員会委員)

                  
. 集会チラシは こちら


作成:2018-06-21