出版・催し案内にもどる
3-2:出版・資料案内 最新書籍&資料&パンフ 既刊パンフ「反農薬シリーズ」 既刊書籍 既刊資料集
最新書籍&資料&パンフ   トップ
★パンフレット”知っていますか”斑点米と農薬とミツバチ大量死
        <2015-06、米の検査規格を見直しを求める会発行、A5判 16頁
         2017-07-15、pdf版の無料ダウンロードはこちらから>

★脱農薬ミニノートシリーズ 4:農薬も一緒に食べる?〜クロチアニジン残留基準の大幅緩和
        <2014-05発行、A5判 34頁:1冊400円送料100円>

      ●シリーズ 3:野放し!無人ヘリコプター農薬散布
        <2010-11発行、A5判 34頁:1冊400円送料100円>

      ●シリーズ 2:ミツバチは農薬が嫌い 
        <2010-08発行、A5判 34頁:1冊400円送料100円>
 
    ●シリーズ 1:農薬は食べるより吸う方が危険 
        <2010-06発行、A5判 34頁:1冊400円送料100円>

★パンフ反農薬シリーズ
     ●シリーズ 15:脱農薬ノート〜身近な農薬散布をなくすために  2月20日発行
        <2008-02発行、A5判 64頁:1冊700円送料120円>

★資料集
    ●電子版「脱農薬てんとう資料集」 第9号 2月10日発行
           食品中の残留農薬とポジティブリスト制度
        <2008-02発行、PDF版183頁:1部1000円(メール添付で送信)>


 パンフ、資料集のお申し込みは、
電話/ファックス:0424-63-3027| メールフォームから。
電子版はメールのみで受付。
郵便振替口座名:反農薬東京グループ|口座番号 00150-2-140360
銀行口座:反農薬東京グループ|ゆうちょ銀行ゼロイチキユウ店-当座-0140360

既刊パンフ「反農薬シリーズ」     トップシリーズ 14:農薬いらずの庭づくり         <2000-03発行、A5判 96頁(内カラー4頁):1冊860円送料別> *シリーズ 13:農薬と環境ホルモン−化学物質が生命系を脅かす         <98-10発行 A5版152頁:1冊1100円送料別> シリーズ 12:ダイオキシンが未来を奪う−プラスチック焼却の危険         <97-05発行 A5判 152頁:1冊1200円送料別> シリーズ 11:住宅が体をむしばむ−深刻な室内化学物質汚染         <96-02発行 A5判 96頁:品切れ> 畳、壁紙、合板、シロアリ防除剤が室内の空気を汚染する。 室内化学物質汚染を指摘した最初の本 シリーズ 10:農薬いらずのシロアリ撃退法−拡がるシロアリ駆除剤による被害         <93-02発行 A5判 88頁:品切れ> シリーズ 9:農薬の新残留基準批判−農産物輸入のための大幅規制緩和         <92-07発行 A5判 168頁:品切れ> シリーズ 8:もうごめんだ!街の農薬汚染−農薬にさらされない権利         <91-09発行 A5判 96頁: 品切れ> 団地、学校、公園などの街の農薬汚染の実態と反対運動の進め方 シリーズ 7:残留農薬レポート−野菜も人も泣いている         <90-01発行:品切れ> シリーズ 6:ポスト・ハーベスト農薬−収穫後に使われる化学物質の数々         <87-11発行:品切れ> ポストハーベスト農薬を最初に取り上げた解説書   シリーズ 5:空から降る毒−農薬の空中散布をやめさせよう         <86-11発行:品切れ> 水田への農薬空中散布の現状、仕組み、問題点などを指摘。 シリーズ 4:忍びよる家庭内農薬汚染         <86-07発行:品切れ> 家庭用殺虫剤以外にも家庭内は農薬でいっぱい。 化学物質氾濫社会を警告。 シリーズ 3:農薬問題要点解説−こんなふうです規制と現実         <86-01発行:品切れ> シリーズ 2:やめさせよう!身近に迫る除草剤         <85-07発行/改訂版87-08発行:1冊300円送料別> 農地以外に身近なところで使われている除草剤の危険性を告発。 シリーズ 1:あぶないくん蒸剤         <85-02発行:品切れ>
既刊書籍     トップへ *「三西化学農薬被害事件裁判資料集」上・下巻     <編集・発行:三西化学農薬被害事件裁判資料集編集委員会     発売:葦書房、価格:3万3600円(税込)>       お近くの書店でお求めください  以下は、当グループ関係者による書籍です。 *農薬毒性の事典・第3版    <2006-08 三省堂発行、植村・河村・辻共著、定価3800円+税190円>       お近くの書店でお求めください 三省堂の広告へ * 岩波ブックレットNo.619 暮らしのなかの農薬汚染〜食べもの・水から住まい・街まで    <2004-03 岩波書店発行、河村宏・辻万千子共著、定価480円税別>       お近くの書店でお求めください 岩波ブックレットの広告へ *市民運動の時代です   <高槻・市民自主講座編:植村振作+山本健治著:2001年3月 第三書館発行:定価1500円税別>       お近くの書店でお求めください *「21世紀への草の根ダイオキシン戦略」     <ロイス・マリー・ギプスと環境・健康・正義支援センター編著、       監修:綿貫礼子、協力:河村宏、訳:日米環境活動支援センター、      発行:K.K.ゼスト、価格:4000円(送料・税別)>       絶版在庫なし *ビデオ「気をつけて!町内会の殺虫剤」     <監修:植村振作、編集:二宮敬嗣、(VHS18分)、価格:5000円(送料・税別)>       発売及び申込先:グループ現代(03-3341-2863担当:川井田) *床下の毒物シロアリ防除剤      <植村振作+反農薬東京グループ編著、46判 272頁、三省堂発行:定価1500円> *親子で読む 環境ホルモンってなあに?   <辻万千子+河村宏著、46版168頁、毎日新聞社発行:定価1200円。絶版在庫なし> *残留農薬データブック 三省堂の広告へ    <92-10三省堂発行、植村・河村・辻・冨田・前田編著、定価2800円送料別> *こんなに使っていいかしら家庭にひそむ農薬  三省堂の広告へ    <89-12三省堂発行、植村・山崎著、定価1200円送料別>
既刊資料集     トップへ   *電子版「脱農薬てんとう資料集」 第8号 ダイオキシン含有農薬とPOPs系農薬         <2007-09発行、PDF版180頁:1部1000円(メール添付で送信)>   *電子版「脱農薬てんとう資料集」 第7号 農薬類の使用規制をめざす法律案         <2007-08発行、PDF版64頁:1部500円(メール添付で送信)>   *電子版「脱農薬てんとう資料集」 第6号 農薬危害防止運動について         <2007-07発行、PDF版76頁:1部500円(メール添付で送信)>   *電子版「脱農薬てんとう資料集」 第5号 「住宅地等における農薬使用について」の新通知         <2007-06発行、PDF版56頁:1部500円(メール添付で送信)>   *電子版「脱農薬てんとう資料集」 第4号 無人ヘリコプター農薬散布現状と問題点         <2005-09発行、PDF版77頁:1部500円(メール添付で送信)>   *電子版「脱農薬てんとう資料集」 第3号 残留農薬ポジティブリスト制度について          <2005-05発行、PDF版285頁:1部500円(メール添付で送信)>   *電子版「脱農薬てんとう資料集」 第2号 環境ホルモンSPEED98→ExTEND2005批判          <2005-03発行、PDF版108頁:1部500円(メール添付で送信)>   *電子版「脱農薬てんとう資料集」 第1号 住宅地や学校での農薬散布について          <2004-06発行、PDF版50頁:1部500円(メール添付で送信)> *「脱農薬Ж蚊対策のすすめ」      −厚生労働省の殺虫剤主体のウエストナイル熱対策批判−      内容       第一部  厚労省ガイドライン批判       第二部  アメリカの失敗と反省       第三部  殺虫剤に頼らない蚊対策       第四部  私の体験(試行錯誤あれこれ)      <03-08発行:A4判 品切れ> *「市民のための予防原則ハンドブック」     有毒物質を規制するための手法として主流を占めていた「リスク評価」法に     対して、ヨーロッパ流の「予防原則」の導入の必要性がいま問われています。     環境保護をめざすアメリカのシンクタンクが作成したハンドブックを反農薬     東京グループの翻訳、浜松医大の渡部和男先生の監訳で「てんとう虫情報増     刊号(120号)」として発刊しました。         <J・ティクナー、C・ラフェンスパーガー、N・メイヤーズ著  01-11発行:A5判 65頁、1部500円送料込> *「生活環境を汚染する化学物質の規制に関する法律(仮称)制定をめざして−中間報告」     昨年夏から続けてきた生活環境を汚染する化学物質規制法制定をめざす運動     の中間報告を「てんとう虫情報増刊号(117号)」としてまとまめました。     はじめに/規制の必要性/これまでの活動/被害の状況/現状の法制度の欠陥/     望まれる制度・対策/ヒアリングまとめ      第1回 シンポジウム形式「生活環境における化学物質による被害」      第2回 行政交渉形式「現行法の問題点」      第3回 講演会形式「身近な化学物質の危険性と法規制」      第4回 講演会形式「諸外国の化学物質の管理に関する法制度      第5回 講演会形式「化学物質が人体に及ぼす影響」         <生活環境における有害化学物質の規制を考える議員と市民の会編著  01-07発行:A4判 50頁、品切れ> *「シロアリ防除剤による健康被害報告と規制を求める集会」の報告集。    植村さんの問題提起/被害報告/建設省、厚生省、環境庁とのやりとり/    国民生活センター・化学製品PL相談センターの資料など <99-10発行:A4判 34頁、品切れ> *東京都下62区市町村対象の「衛生害虫駆除実施状況」アンケート結果    アンケートに対する回答結果の詳細、散布薬剤の毒性解説、    感染症予防法案と平常時のハエ・カ駆除など。 <98-08発行:品切れ>   *シロアリ防除及び健康住宅に関するハウスメーカーへのアンケート調査結果 <97-04発行:品切れ> *トイレボールパラ剤追放キャンペーン−パラジクロロベンゼンは危険です <96-12発行:品切れ> *もう止めようよ、松枯れ農薬空中散布! <96-05発行:品切れ> *毒ガス「サリン」と農薬の根は同じ <95-05発行:品切れ> 河村宏さんインタビュー、「松本市有毒ガス中毒調査報告書(抜粋) 「サリン等による人身被害の防止に関する法律」など、関連資料を掲載 *WTO(世界貿易機関)成立と食品衛生法改定 <95-02発行:品切れ> ちょっと待て!WTO、ADI至上主義批判、安全性より貿易優先 「食と健康を考える懇談会報告書」、「衛生植物検疫措置の適用に 関する協定」など掲載。

作成:1998-04-01、更新:2015-06-25