農薬とその関連物質にもどる
農薬入り毒ギョーザ事件:中央省庁・都道府県・政令指定都市・食品業界へのリンク集
電子版「脱農薬てんとう資料集」No.9<食品中の残留農薬とポジティブリスト制度>  No.9関連リンク集
電子版「脱農薬てんとう資料集」No.3<残留農薬ポジティブリスト制度について>
脱農薬ミニノート4<農薬も一緒に食べる?〜クロチアニジン残留基準の大幅緩和>
残留農薬ポジティブリスト制度の厚労省資料

日本食品化学研究振興財団にある残留農薬基準
厚労省の食品中の残留農薬等
食品別一日摂食量:農産物摂取量畜水産物摂取量旧フードファクター
農作物別一日最大摂食量一覧
5-6:食品汚染・残留農薬
記事番号 タイトル 発行年月
n00104 東京都健康安全研究センターの2015年度農作物残留農薬調査報告(4)輸入農作物(その3)熱帯果樹類、ほか 18-04
n00103 農水省が2015、16年度の国産農作物の農薬使用状況を、調査数を削減して公表 18-04
t31904 東京都健康安全研究センターの2015年度農作物残留農薬調査報告(3)輸入農作物(その2)柑橘類、イチゴ・ベリー類 18-03
t31804 東京都健康安全研究センターの2015年度農作物残留農薬調査報告(2)輸入農作物(その1)野菜類、穀類 18-02
t31704 東京都健康安全研究センターの2015年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬〜果実の検出率94% 18-01
t31701 スルホキサフロル(新ネオニコ系) 残留基準を設定後登録
 グリホサート(除草剤)残留基準を緩和し、さらに適用拡大
18-01
t31607 厚労省の輸入食品監視調査結果2017年5月〜10月の残留農薬基準違反 17-12
t31508 蜂蜜に検出されたネオニコチノイド系農薬をめぐって 17-11
t31507 目立つ国産野菜の残留違反の増加〜植物工場のリーフ野菜にも残留農薬検出 17-11
t31405 フィプロニルはやめるべき農薬〜残留基準を緩和してまで、使い続けるのか 17-10
t31304 56品目の農薬等の残留基準が削除されたが、健康影響評価は必要 17-09
t31303 今頃になってクロルピクリンのリスク評価〜ADIやARfDや残留基準を決めると 17-09
t31204 残留基準のパブコメはアリバイづくり〜スルホキサフロルとグリホサートにみる厚労省審議会のいいかげんさ 17-08
t31106 スルホキサフロルの残留基準の告示間近に〜2つのパブコメが終わった 17-07
t31006 厚労省の輸入食品監視調査結果2016年11月〜17年4月の残留農薬基準違反 17-06
t30905 東京都健康安全研究センターの2014年度農作物残留農薬調査報告(5)輸入農作物中の残留農薬 その3:ブドウ、熱帯果実類ほか 17-05
t30902 農薬の登録申請試験に関する通知改訂は生物多様性保持に逆行 (最終回)パブコメ意見への農水省の考え方より 17-05
t30807 東京都健康安全研究センターの2014年度農作物残留農薬調査報告(4)輸入農作物中の残留農薬 その3:ベリー類とイチゴ 17-04
t30806 厚労省の食品からの農薬別摂取量調査は安全の証しにならない 17-04
t30804 スルホキサフロル 改ざんした残留試験データでパブコメとは 17-04
t30803 グリホサートの残留基準緩和が論議されている〜小麦は6倍の30ppm に 17-04
t30802 農薬の登録申請試験に関する通知改訂は生物多様性保持に逆行(その3)作物群による農薬登録拡大へ 17-04
t30706 東京都健康安全研究センターの2014年度農作物残留農薬調査報告(3)輸入農作物中の残留農薬 その2:柑橘類 17-03
t30705 国産 シュンギクほかで残留農薬違反が続出 17-03
t30605 東京都健康安全研究センターの2014年度農作物残留農薬調査報告(2)輸入農作物中の残留農薬 その1:野菜、キノコ類、豆類、穀類 17-02
t30601 スルホキサフロルの登録作業再開〜登録するな! 農水省・環境省へ要望 17-02
t30505 東京都健康安全研究センターの2014年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 17-01
t30502 農水省はクロルピクリンの毒性、残留性試験の概要を公表したが、とても安全とはいえない 17-01
t30404 厚労省の輸入食品監視調査結果 2016年5月〜10月の残留農薬基準違反 16-12
t30305 ABTがネオニコチノイドの残留農薬調査結果を公表 16-11
t30304 茶の残留基準をどうクリアーするか、農水省が輸出用の栽培マニュアル公表〜無農薬栽培を進めれば、国内でも海外でも安全・安心〜 16-11
t29904 厚労省の輸入食品監視調査結果2015年11月〜16年4月の農薬残留基準違反 16-07
t29804 農水省による国産農作物の2014年度農薬使用状況(2)残留農薬調査 16-06
t29709 農水省、2014年度の国産農作物の農薬使用状況を公表 16-05
t29708 水道水の農薬目標値〜厚労省水道課は反省の色なし 16-05
t29705 東京都健康安全研究センターの2013年度農作物残留農薬調査 (5)輸入農作物中の残留農薬  その4:その他の果実類 16-05
t29605 東京都健康安全研究センターの2013年度農作物残留農薬調査 (4)輸入農作物中の残留農薬  その3:柑橘類 16-04
t29601 農薬危害防止運動を前に農水省・環境省・厚労省・国交省へ要望 16-04
t29505 東京都健康安全研究センターの2013年度農作物残留農薬調査報告(3)輸入農作物中の残留農薬 その2:イチゴ類 16-03
t29501 アメリカで禁止されたネオニコ系殺虫剤スルホキサフロルの農薬登録が止まった〜パブコメ意見で厚労省が、残留基準設定を中断 16-03
t29405 東京都健康安全研究センターの2013年度農作物残留農薬調査報告(2)輸入農作物中の残留農薬その1:野菜、キノコ類、豆類、穀類、茶類 16-02
t29303 東京都健康安全研究センターの2013年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 16-01
t29301 ホウレンソウを主要作物とする46農協にアンケート調査〜クロチアニジンを使いますか 16-01
t29206 国内での7月から12月の残留基準違反と魚毒事件 15-12
t29205 厚労省の輸入食品監視調査結果15年5月〜15年10月の残留違反 15-12
t29103 農水省農薬残留試験で、作物グループ化提案〜農薬メーカーや使用者のメリットのみ 15-11
t29202 アメリカで登録取消のスルホキサフロル〜厚労省が登録前提に、残留基準案のパブコメ意見募集中 15-12
t29102 アメリカ:スルホキサフロルとクロルピリホスが使用禁止に向かう 15-11
t29006 《投稿》長崎県が中学生に「心配ないよ」の出前講座 その内容とは〜食の安全、これでいいのか 15-10
t28908 《投稿》今年も高畠町有機農業提携センター現地交流会に参加してきました 15-09
t28806 厚労省の輸入食品監視調査結果 14年11月〜15年4月の残留違反 15-08
t28706 《投稿》所沢生活村の残留農薬検査(2013年2月〜)〜ある共同購入グループのとりくみ(埼玉県) 15-07
t28606 農水省による国産農作物の2013年度農薬使用調査(2)16作物から68種の農薬検出〜ニラ、シュンギク、ホウレンソウ要注意 15-06
t28603 5月19日、クロチアニジンのホウレンソウへの適用拡大と残留基準40ppmを告示される〜手抜きで不誠実なパブコメ回答 15-06
t28502 農水省:国産農作物の13年度農薬使用状況〜果実の使用回数は年間20回 15-05
t28404 残留基準で、予防原則は認めないという厚労省 15-04
t28403 東京都健康安全研究センターの2012年度農作物残留農薬調査報告
 (4)輸入農作物中の残留農薬 その3:柑橘類以外の果実
15-04
t28402 2015年度の農薬危害防止運動への要望と質問を提出 15-04
t28304 国産農作物の残留基準違反事例(2014年11月から15年2月期) 15-03
t28303 東京都健康安全研究センターの2012年度農作物残留農薬調査報告から
(3)輸入農作物中の残留農薬 その2:柑橘類
15-03
t28206 東京都健康安全研究センターの2012年度農作物残留農薬調査報告
 (2)輸入農作物中の残留農薬 その1:野菜、キノコ類、豆類、穀類
15-02
t28202 クロチアニジン残留基準のパブコメ意見で、厚労省の姿勢を批判  15-02
t28201 ARfDを超えたらどうするか〜アセタミプリド残留基準で厚労省のごまかし 15-02
t28103 東京都健康安全研究センターの2012年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 15-01
t28102 ARfD(急性中毒発症推定量)とESTI(農薬の一時多量摂取量) 15-01
t28101 クロチアニジンの残留基準案見直し要求への厚労省の回答は更なる緩和だった〜パブコメ意見募集は2月21日締切 15-01
t28004 厚労省の輸入食品監視調査結果〜14年5月〜14年10月の残留違反 14-12
t28001 有機リン剤アセフェートの適用作物削除など登録変更の農水省通知〜ADIが10分の1に下がってから4年目にようやく 14-12
t27904 三井化学アグロがスタークル粒剤の「玄米にほとんど残留しない」を修正 14-11
t27705 農水省発表の茶の残留農薬調査〜検出率97%、すべて3成分以上残留、14成分検出の煎茶も 14-09
t27605 土壌残留に係る農薬登録保留基準のほ場試験の見直し案へのパブコメ意見 14-08
t27604 農水省による国産農作物の12年度農薬使用状況と残留農薬調査〜〜20作物で70種の農薬検出やっぱり多いネオニコチノイド系 14-08
t27406 厚労省の輸入食品監視調査結果 13年11月〜14年4月の残留違反 14-06
t27402 ホウレンソウにネオニコが多く使われているのに、まだ必要?〜都道府県へのアンケート結果 14-06
t27401 食品安全委員会、クロチアニジンのARfDを設定、ADIは変わらず〜残留基準も変化なしか 14-06
t27306 東京都健康安全研究センターの2011年度農作物残留農薬調査報告(4)輸入農作物中の残留農薬 その4 柑橘類以外の果実 14-04
t27305 あいた口が塞がらない〜厚労省のフードファクターのいい加減さ 14-05
t27304 尿中に検出される農薬代謝物〜環境省の調査より 14-05
t27206 東京都健康安全研究センターの2011年度農作物残留農薬調査報告(3)輸入農作物中の残留農薬 その2 柑橘類 14-04
t27204 食品安全委員会へクロチアニジンとホウレンソウ問題で問い合わせ〜2年前にすでに27.8ppm残留を評価していた 14-04
t27201 #2012年度の家庭用品吸入事故前年より77件増の1101件〜殺虫剤と漂白剤事故が増加 14-04
t27108 秋田県で斑点米とネオニコ農薬を考える集会開かれる 14-03
t27105 東京都健康安全研究センターの2011年度農作物残留農薬調査報告(2)輸入農作物中の残留農薬 その1:野菜、キノコ類、穀類、豆、ナッツ類 14-03
t27104 茶製品の残留農薬分析結果〜国産茶に、複数のネオニコ系農薬検出例も/台湾への輸出で残留違反は13件 14-03
t27103 クロチアニジン農水省交渉〜農薬登録は、申請生データをみて、農水省の外郭団体FAMICがあらまし決めてしまう 14-03
t27102 ネオニコチノイド系農薬「クロチアニジン」の残留基準大幅引き上げに抗議(2)消費者にどういう影響があるのか調べるシステムがない 14-03
t27005 敷島製パンの和菓子異臭は2,4-ジクロロフェノール〜原因についてだんまり決め込むメーカー 14-02
t27003 台湾:日本からの輸入食品を残留基準違反で廃棄・返送〜3ヶ月で39件の違反 14-02
t26906 東京都健康安全研究センターの2011年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 14-01
t26804 厚労省の輸入食品監視調査結果〜13年5月〜13年10月の残留違反 13-12
t26803 国産食品の残留違反〜山口産ホウレンソウにアセフェートが15ppm、代謝物メタミドホスには頬被り 13-12
t26801 消費者の利益を守る考えは見えない〜消費者庁とのクロチアニジンの残留基準に関する話し合い 13-12
t26605 残留農薬違反事例〜毒・劇物指定のある成分の使用が目立つ 13-10
t26601 「ほうれんそう」の残留基準が現行の3ppmから40ppmへ〜ネオニコ系クロチアニジンの残留基準改定パブコメ11月2日締切13-10
t26504 展着剤と間違えてナスに除草剤使用〜全農岡山県本部が3600キロ回収図る 13-09
t26401 環境化学討論会で報告されたネオニコチノイドの河川水・蜂蜜調査 13-08
t26304 農水省による国産農作物の11年度農薬使用状況と残留農薬調査〜21作物で72種の農薬検出 13-07
t26206 厚労省の輸入食品監視調査結果 12年11月〜13年4月の残留違反 13-06
t26205 水道水質の農薬目標値らに誤り〜5月22日に厚労省が正誤表発表 13-06
t26105 水道水質の農薬水質管理目標改定と農薬分類見直し4月1日から施行 13-05
t26005 東京都健康安全研究センターの2010年度農作物残留農薬調査報告(4)輸入農作物中の残留農薬 その3:柑橘類以外の果実 13-04
t25905 最近の国産農作物の残留基準違反〜有機リン、ネオニコチノイドなど 13-03
t25903 東京都健康安全研究センターの2010年度農作物残留農薬調査報告(3)輸入農作物中の残留農薬 その2:柑橘類 13-03
t25803 東京都健康安全研究センターの2010年度農作物残留農薬調査報告(2)輸入農作物中の残留農薬 その1:野菜、穀類、茶、豆、ナッツ類 13-02
t25802 種苗法の矛盾 種子消毒の農薬使用履歴は、誰も検証しない〜日本の種の8割が海外採取〜13-02
t25705 東京都健康安全研究センターの2010年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 13-01
t25701 農薬の水質管理目標設定項目改定案分類を見直しても水道水の農薬には規制がない
 【囲み記事】ホルムアルデヒド水質基準超えの原因となったヘキサメチレンテトラミン
13-01
t25608 厚労省の輸入食品監視調査結果 12年5月〜12年10月の残留違反 12-12
t25406 農薬まみれの種ニンニクのその後〜農水省 生産者は特定できずと回答 12-10
t25405 登録失効農薬ピリメタニルが食品添加物として復活へ 12-10
t25404 厚労省が、やっと2005から06年度の残留農薬調査結果を発表 12-10
t25308 相次ぐ、コメへの異物混入事故〜高知で樟脳、石川で殺鼠剤 12-09
t25307 速報:滋賀県近江鉄道の線路除草剤散布で農作物に被害 12-09
t25303 青森県:種ニンニク販売で種苗法違反〜処理農薬の表示なし 12-09
t25104 柑橘類のアゾキシストロビン〜残留基準を5倍にしてまで、食品添加物認可へ 12-07
t25102 農水省による国産農作物の10年度農薬使用状況と残留農薬調査〜21作物で72種の農薬検出 12-07
t25004 厚労省の輸入食品監視調査結果〜11年11月〜12年4月の残留違反 12-06
t24807 厚労省が22農薬の残留基準削除へ 12-04
t24806 東京都健康安全研究センターの2009年度農作物残留農薬調査報告から〜(4)輸入農作物中の残留農薬 その3:柑橘類以外の果実 12-04
t24706 東京都健康安全研究センターの2009年度農作物残留農薬調査報告から(3)輸入農作物中の残留農薬 その2:柑橘類 12-03
t24705 食べるな!ホウレンソウ〜イミダクロプリド粒剤使用のアンケート調査でみえてくること=環境保全型農業のいいかげんさ 12-03
t24604 東京都健康安全研究センターの2009年度農作物残留農薬調査報告から(2)輸入農作物中の残留農薬 その1:野菜、穀類、茶、豆、ナッツ類 12-02
t24508 2011年10月と11月の残留基準違反 12-01
t24507 東京都健康安全研究センターの2009年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 12-01
t24501 ネオニコチノイド系農薬イミダクロプリドの残留基準緩和〜メーカーの言うがまま土壌混和でホウレンソウ2.5ppmを15ppmに 12-01
t24405 厚労省の輸入食品監視調査結果〜11年5月〜11年10月の残留違反 11-12
t24207c 農薬危被害事例〜残留基準超えと違法使用 11-10
t24107c 8月の農薬危被害〜残留基準違反 11-09
t24006 厚労省の輸入食品監視調査結果〜10年11月〜11年4月の残留違反 11-08
t24003 農薬を「普通物」と呼称しないよう通知指導を求める〜農薬危害防止運動月間中も被害続出 11-08
t23806 イミダクロプリドの残留基準緩和で、ポパイも食べないホウレンソウに〜バイエルクロップサイエンス社へ、登録申請の取り下げを要望 11-06
t23702 農水省による国産農作物の09年度農薬使用状況と残留農薬調査〜21作物で73種の農薬検出 11-05
t23607 山梨県大月市の簡易水道でパラジクロロベンゼン汚染 11-04
t23605 平成23年度輸入食品監視指導計画に関する意見〜リスクコミュニケーションは残留データの全面開示が必要 11-04
t23504 東京都健康安全研究センターの2008年度農作物残留農薬調査報告から(3)輸入農作物中の残留農薬 その2:果実類 11-03
t23503 防かび剤(食品添加物)もそのうち農薬扱いになる?〜添加物部会でフルジオキソニルパブコメ回答で厚労省 11-03
t23502 農水省、作物残留試験の内容変更で意見募集〜実施事例を増やすと言うが 11-03
t23404 東京都健康安全研究センターの2008年度農作物残留農薬調査報告から(2)輸入農作物中の残留農薬 その1:野菜、穀類、茶、豆、ナッツ類 11-02
t23306 消費者庁長官との話し合い〜食品安全の今の仕組みを変えるべきだ 11-01
t23305 厚労省の輸入食品監視調査結果〜10年5月〜10年10月の残留違反 11-01
t23304 東京都健康安全研究センターの2008年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 11-01
t23202 農薬「フルジオキソニル」が食品添加物にもなったわけ〜消費者の利益を守る行政はなし 10-12
t23004 消費者委員会、新食品添加物指定で厚労省の下請け?〜食品への表示に限定して審議 10-10
t23001 2010年1月〜9月の国産農作物の農薬取締法及び残留基準違反事例〜千葉県ではヤマトイモで5,6年前から使用方法違反 10-10
t22905 食安委、除草剤ATAなどのADI緩和はかる 10-09
t22904 有機リン剤の環境調査評価とアセフェートの毒性評価とについて 10-09
t22805 またぞろ有機塩素系薬剤が問題に〜ケルセンとパラジクロロベンゼン 10-08
t22705 厚労省の輸入食品監視調査結果〜09年11月〜10年4月の残留違反 10-07
t22608 反農薬Q&A(25)理論最大一日摂取量=TMDIって? 10-06
t22604 ネオニコチノイド系農薬の食品残留と水系汚染 10-06
t22504 国産農作物のネオニコチノイド系殺虫剤の残留検出数が増加〜農水省の08年度農薬使用状況と残留農薬調査 10-05
t22502 農薬は厳しい毒性・残留性試験を経ている、適正に使えば安全」のうそ〜アセフェート使用を止めさせよう 10-05
t22401 有機リン剤アセフェート(オルトランなど)のADI10分の1に〜代謝物メタアミドホスも残留で、農水省が「かんきつ」適用除外の事前指導 10-04
t22305 厚労省 カカオ豆の残留基準で緩和の動き〜検査部位は外皮除去、11農薬で基準値アップ 10-03
t22207 反農薬Q&A(23)ネオニコチノイドの茶残留基準について 10-02
t22203 東京都健康安全研究センターの2007年度農作物残留農薬調査報告から(2)輸入農作物中の残留農薬 10-02
t22104 09年後半の国産農作物等の残留違反事例 7〜12月 10-01
t22103 東京都健康安全研究センターの2007年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 10-01
t22006 東大農場、水銀剤使用など農薬管理で農場長など5名懲戒処分 09-12
t22004 厚労省の輸入食品監視調査結果〜09年5月〜09年10月の残留違反 09-12
t21906 食品安全委員会が毒性データの開示もなく、フェンチオン=MPPのADI緩和提案 09-11
t21905 水道水質規制、6農薬で管理目標評価値の緩和提案 09-11
t21708 Q&ARネオニコ粒剤散布で、どうしてカメムシが死ぬのか 09-09
t21704 チョコレート・ココア業界がカカオ豆の残留基準緩和を要望〜その身勝手な言い分を検証する 09-09
t21607 反農薬Q&AQネオニコチノイド系殺虫剤とは 09-08
t21604 イミダクロプリドの残留基準設定にもの申す〜コメの基準を5倍緩和 09-08
t21505 09年前半の国産農作物の残留基準違反事例〜宮崎市では、健康被害の訴えも 09-07
t21504 農水省:07年度の国産農作物の農薬使用状況と残留農薬調査〜不適正使用も農薬検出件数も前年より増加した 09-07
t21403 厚労省の輸入食品監視調査結果〜08年11月〜09年4月の残留違反 09-06
t21402 農水省・厚労省から「農薬危害防止運動の実施について」の通知発出〜ポスターには首を傾げるイラストも 09-06
t21201 2009年度農薬危害防止月間に向けて〜農水省と厚労省へ要望と質問 09-04
t21005 農薬試験作物のゆくえ〜厳重な保管と処分を求める 09-02
t21004 東京都健康安全研究センターの2006年度農作物残留農薬調査報告(2)輸入農作物中の残留農薬#09-02 09-02
t20908 連載:反農薬Q&A K農薬の代謝物って何 09-01
t20904 08年の後半の国産農作物の残留基準違反 09-01
t20903 東京都健康安全研究センターの2006年度農作物残留農薬調査報告(1)国産農作物中の残留農薬 09-01
t20805 厚労省発表の残留農薬調査結果と輸入食品監視調査結果 08-12
t20705 汚染米追究第2弾「汚染米から米流通を考える」シンポジウムと農水省交渉 08-11
t20609 連載:反農薬Q&A I試験農作物の販売はどうなる? 08-10
t20607 汚染米で農水省の責任追及の緊急集会開く〜口先だけで反省をする農水省官僚 08-10
t20508 Q&AHアフラトキシンってなんですか 08-09
t20403 食品中の残留農薬〜ポジティブリスト制度下で違反はつづく 08-08
t20303 農水省による国産農作物の残留農薬調査結果(05、06年度)より 08-07
t20107 ヨーロッパで、ワインの残留農薬調査〜海外ワインは農薬カクテル 08-05
t20105 輸入加工食品の自主管理ガイドライン案のパブコメ意見 08-05
t20104 食品関連施設のIPM転換には、地方自治体の条例改定も必要 08-05
t20103 柏市のコカブ残留基準越えに端を発し千葉県と交渉〜住宅地通知の周知や農薬削減に消極的な回答 08-05
t20007c 除草剤の茶飲料への混入事件 08-04
t20006 連載:反農薬Q&A CARfDってなんですか 08-04
t19903 メタミドホスの残留基準改定へ〜ADIは0.0006mg/kg体重/日提案 08-03
t19902 残留基準改定へのパブコメから〜散布当日の高残留値を超えてもよいように基準設定 08-03
t19805 反農薬Q&AA中国製冷凍ギョーザ事件で問題となったメタミドホスはどんな農薬ですか 08-02
t19804 冷凍ギョーザ農薬中毒事件〜甘い毒物管理と危機意識の欠如 08-02
t19803 東京都健康安全研究センターの2005年度農作物残留農薬調査結果(2)輸入農作物中の残留農薬 08-02
t19703 東京都健康安全研究センターの2005年度農作物残留農薬調査結果(1)国産農作物中の残留農薬 08-01
t19605 食品中の残留農薬〜ポジティブリスト制度下で違反はつづく 07-12
t19505 水質汚濁に係る登録保留基準で、環境省が改定案〜パブコメ締切は12月4日 07-11
t19404 大阪府の新農業条例をみて〜農薬による生活環境汚染防止の視点がない 07-10
t19205 JAとぴあ浜松出荷のパセリでMEPら残留基準違反 07-08
t19101 農薬汚染のシジミはごめんだ〜クミルロンの残留基準緩和の撤回を 07-07
t19002 「気になる食品安全委員会の姿勢」〜残留農薬の心配はいらないというDVD 07-06
t18902 ポジティブリスト制度実施後の農薬の残留基準違反〜国産は35件、輸入品は447件 07-05
t18803 栃木県産イチゴでホスチアゼート残留基準超え〜県は、原因究明もせず、事態の沈静化をはかる 07-04
t18704 シジミの農薬残留問題〜原因調査もなく、基準緩和は許されない 07-03
t18603 東京都健康安全研究センターの2004年度農作物残留農薬調査結果(2)輸入農作物中の残留農薬 07-02
t18508 クロルピリホスのADI変更についてのパブコメ〜ADIは0.0003mg/kg体重/日とすべき 07-01
t18505 環境省「農薬残留対策に関する総合調査結果」より(最終回)土壌汚染の調査 07-01
t18503 東京都健康安全研究センターの2004年度農作物残留農薬調査結果(1)国産農作物中の残留農薬 07-01
t18306 島根県が除草剤チオベンカルブ使用中止を要請〜宍道湖シジミに基準を超えて残留 06-11
t18203 環境省「農薬残留対策に関する総合調査結果」より (その1)圃場での農薬のドリフト試験 06-10
t18202 単純ミス?意図的? 間違いだらけの行政報告−もっときちんと仕事を 06-10
t18101 飛散防止の農水省3局長通知は末端では無視〜農水省、飛散のトラブルは当事者で話し合えと無責任回答 06-09
t18003 くん蒸殺虫剤フッ化スルフリルについて〜急性中毒死と残留基準の問題 06-08
t17903 農水省による国産農作物の残留農薬調査結果より 06-07
t17902 厚労省の食品健康影響評価予定、今年度は146物質 06-07
t17807 厚労省が、02,03年度の残留農薬調査結果を発表 06-06
t17805 食品安全委員会が農薬の食品健康影響評価の実施手順でパブリックコメント募集 06-06
t17802 ポジティブリスト制度実施とドリフト対策 06-06
t17702 農薬ドリフト防止対策〜農水省から三局長連名通知2件でる 06-05
t17701 残留基準は数字遊びか?〜ポジティブリスト制度施行前に基準値を大幅修正とは 06-05
t17602 残留基準ポジティブリスト制度の実施で厚労省へ要望〜ドリフト防止は、加工調理・流通などでも必要 06-04
t17404 東京都健康安全研究センターの2003年度農作物残留農薬調査報告:A輸入農作物中の残留農薬 06-02
t17304 東京都健康安全研究センターの2003年度農作物残留農薬調査報告@国産農作物の残留農薬 06-01
t17205 残留基準ポジティブリスト制度実施へ〜11月29日に基準等告示 05-12
t17105a 愛媛県伊方町で、水道水に農薬混入 05-11
t17004 JA新あきた出荷のシュンギク・ナシに適用外農薬検出 05-10
t17003 着々と実施に向けて進む残留農薬ポジティブリスト制度〜食の安全・安心は置き去りのまま 05-10
t16704 農薬等に関する残留基準ポジティブリスト制度の最終案について〜その2 国会での論議より 05-07
t16604 農薬等に関する残留基準ポジティブリスト制度の最終案について:その1 「一律基準」がいつの間にやら「残留基準」となった 05-06
t16508 残留基準ポジティブリスト制度で、食品安全委員会が厚労省に6つの注文 05-05
t16402 −残留農薬ポジティブリスト制度をめぐる論議より−厚労省:農薬対策室の異議を一蹴したが、「一律基準」の運用変更、食品業界:残留基準を超えても回収命令を出さないで、との意見書提出 05-04
t16309 農産物の表示違反調査〜農薬不使用表示違反は5.2% 05-03
t16306 連載:残留農薬ポジティブリスト制度〜第二次暫定基準等の問題点〜最終回 加工食品の残留基準:米ぬかのNACに170ppmとは 05-03
t16211 厚労省、残留農薬検出率公表の落とし穴 05-02
t16208 エトキシキン判決が意味するもの〜消費済み食品に代金返還命 05-02
t16205 連載:残留農薬ポジティブリスト制度〜第二次暫定基準等の問題点〜その4 こんなにおかしい「一律基準」 05-02
t16204 東京都健康安全研究センターの2002年度農作物残留農薬調査報告A輸入農作物の残留農薬 05-02
t16106 徳島県、スダチにプロシミドンを使用しないとしたものの 05-01
t16105 連載:残留農薬ポジティブリスト制度〜第二次暫定基準等の問題点〜その3 ネガティブリスト制度併用で使用禁止を明確に 05-01
t16103 東京都健康安全研究センターの2002年度農作物残留農薬調査報告@国産農作物の残留農薬 05-01
t16004 連載:残留農薬ポジティブリスト制度〜第二次暫定基準等の問題点〜その2 適用のない作物に残留基準はいらない 04-12
t15902 残留農薬ポジティブリスト暫定二次基準案の問題点:その1 国民の健康よりも農作物輸入を優先 04-11
t15810c まだまだ、つづく誤記載、適用外使用 04-10
t15705 DDVPと有機農産物 04-09
t15608e 適用外使用や残留基準超え 04-08
t15608d BHC等残留の古畳が飼料に 04-08
t15607 神奈川県における農薬の水道水汚染 04-08
t15504 残留基準ポジティブリスト制度でなく、農薬ポジティブ制度?〜リスクコミュニケーションに参加して 04-07
t15503 残留農ポジティブリスト制度のパブコメまとめ〜農薬摂取を減らすために一層の運動が必要 04-07
t15408c 茨城県では、インゲンとサヤインゲンは同じ? 04-06
t15408b 徳島県では殺菌剤プロシミドンの違反が次々と 04-06
t15003 緩い基準を大量に決めても農薬摂取量は減らない〜残留農薬等の暫定基準に関する意見提出 04-02
t14905a 適用外使用と残留基準超え 04-01
t14709a いぜんと続く無登録農薬・適用外使用 03-11
t14604 食品安全委員会の役割って、こんなもの!?−残留基準の諮問に丸投げ回答 03-10
t14507e 弘前市:無登録農薬事件で隣接リンゴ農家が使用農家に賠償請求 03-09
t14206a 三重県、福島県で適用外農薬使用 03-07
t14201 こんな残留基準ポジティブリスト制度はいらない−リスク評価せず、毒性不明の農薬に一律基準を設定 03-07
t14105 連載:水道水中の農薬規制について 最終回 03-06
t14103 残留農薬ポジティブリスト制度3年以内に実施決定〜「食の安全」につながらない国際基準に合わせた緩い基準 03-06
t14007b 高知県と新潟県で農薬の適用外使用が発覚 03-05
t14005 連載:水道水中の農薬規制について その3 03-05
t13905 連載:水道水中の農薬規制について その2 03-04
t13805 連載:水道水中の農薬規制について その1 03-03
t13706 東京都と山形県でディルドリン等の土壌汚染判明 03-02
t13704 「農薬使用基準の考え方」では、生活環境汚染に罰則なし−街路樹への適用外使用も可能!? 03-02
t13702 通常国会提出の食品安全基本法関連に監視を−「農薬問題連絡会」矢継ぎ早の行動 03-02
t13701 混乱必至の改正農取法は凍結せよ−拙速な罰則強化と自然・生活環境汚染を軽視 03-02
t13604 たべものの安心・安全とは何か−厚生労働省の「食品衛生規則の見直しに関する骨子案」への意見 03-01
t13602 農薬使用基準省令素案は農薬取締法違反!?−問題続出、これでは農薬使用のすすめ 03-01
t13601 「アイガモも牛乳も農薬?これはおかしい 改正農薬取締法」集会に300人参加−強まる改定農薬取締法批判 03-01
t13502 改定農薬取締法省令にわたしたちの主張を−農水省に質問・意見書を提出 02-12
t13501 農薬取締法改定案が成立−酢・牛乳も特定農薬?拙速な改定で問題続出! 02-12
t13301 農薬の販売・使用禁止を明確にし、回収を義務付けよう 02-10
t13205 無登録農薬とはどういうものか 02-09
t13204 無登録農薬事件の経緯 02-09
t13203 私たちの農薬取締法改定案 02-09
t13202 急浮上した農水省の農薬取締法改定方針 02-09
t13201 無登録農薬特集:こう変えたい!農薬取締法 10・30集会案内 02-09
t13105c 東京都武蔵野市産のキュウリにドリン剤検出−土壌汚染の結果か 02-08
t13004a ドイツで、有機小麦が除草剤NIPで汚染 02-07
t13002 農作物の残留基準超えと食品衛生法改定の問題点 02-07
t12912c 農水省がBHC汚染畳を飼料や敷き草に使用しないよう通知 02-06
t12707 円空さんに合掌−なんと有機栽培シソに高濃度のスミチオンが残留 02-04
t12603 中国産野菜に基準以上の残留農薬検出、厚生労働省が37万トン出荷停止措置 02-03
t12303 東京都衛生研究所の1999年度農作物残留農薬調査報告から 01-12
t10605 東京都衛生研究所の1998年度農作物残留農薬調査報告から 00-09
t09204 東京都衛生研究所の1997年度農産物残留農薬調査報告から 99-08
t08901 東京高裁がスミチオンの毒性データの提出命令 99-05
t08003 東京都衛生研究所96年度農作物残留農薬調査報告から 98-08
t07807 コーデックス残留農薬基準で、BHCのADIが強化されたが 98-07
t07803 東京都がアメリカ産大豆から除草剤グリホサート検出 98-07
t07701 農薬残留基準でまた厚生省が数合わせに熱中−暴露評価の精密化と称して残留農薬摂取量を見かけ上減らす画策 98-06
t07407 子供は有機リン剤を摂りすぎている:アメリカ 98-03
t06705 東京都衛生研究所95年度農作物残留農薬調査報告から 97-08
t06405 農薬裁判(2)農薬残留基準取消し訴訟で請求却下の判決 97-05
t05405 東京都衛生研究所94年度農作物残留農薬調査報告から 96-09
t05403 アメリカのデラニー条項がついに終止符! 96-09
t05307 アメリカでデラニー条項撤廃への動き 96-08
t04801 36農薬のADI−発ガン性農薬カプタホールの新残留基準がNDに、キャプタンも追放へ 96-04
t04604 TPNやキャプタンほかの残留農薬分析に欠陥−早急に見直しを 96-02
t03609 EPAがデラニー条項に基づき新たな農薬残留規制を提案 95-04
t03208 アメリカでの飲料水農薬汚染 94-12
t02906 ヨーロッパでの飲料水の農薬基準100pptに 94-09
t02903 EPAがキャプタンら7農薬の残留基準を取り消し提案 94-09
t02511 有機塩素系農薬の一日摂取量の推移:東京都衛生研究所 94-05
t02309 「乳幼児及び子供の食べ物中の農薬」の提起する問題点(4,5) 94-03
t02204 「乳幼児及び子供の食べ物中の農薬」の提起する問題点(3) 94-02
t02104 「乳幼児及び子供の食べ物中の農薬」の提起する問題点(2) 94-01
t02005 「乳幼児及び子供の食べ物中の農薬」の提起する問題点(1) 93-12
t01610 水道水中の農薬ベンチオカーブ分解物−塩素処理で生成 93-08
t01609 減らすべき子供の農薬摂取:EPAが警告 93-08
t01502 オレンジジュースの7割から残留農薬:北海道消費者センターのテスト 93-07
t01106 水道水質に関する基準の農薬の問題点 93-01
t01001 イマザリル食品添加物指定にみる厚生省のご都合主義と無責任 92-11
t00912 食品への発ガン性農薬の残留はゼロとすべしとの判決−アメリカ 92-09
t00702 ワインの残留農薬にみる食品行政の問題点:メチルイソチオシアネート 92-05
t00501 国民の健康を売り渡す厚生省−農薬の新残留基準批判 92-01
t00304 バナナの農薬残留基準にみる厚生省の無責任体質:アルディカーブ汚染 91-09
t00109 アメリカの残留農薬分析機関がデータを改ざん 91-05

作成:1998-04-01、更新:2018-04-30